InputMan

InputMan カスタムコントロール集ヘルプ

InputMan のコントロールを利用したカスタムコントロールを作成する方法を紹介しています。サンプルのコントロールを Visual Studio に組み込んで利用する方法については、「カスタムコントロールの登録」を参照してください。参照

サンプルのカスタムコントロールには最低限のエラー処理のみが含まれています。カスタムコントロールをプロジェクトでご利用される場合は、十分に検証を行った上でお使いください。

CustomControlsSamples

カスタムコントロール集に収録したカスタムコントロールの動作を確認できるサンプルプロジェクトです。

My Project/
CustomControlsSamples_2005.sln
CustomControlsSamples_2005.vbproj
CustomControlsSamples_2008.sln
CustomControlsSamples_2008.vbproj
CustomControlsSamples_2010.sln
CustomControlsSamples_2010.vbproj
CustomControlsSamples.Designer.vb
CustomControlsSamples.resx
CustomControlsSamples.vb
Properties/
CustomControlsSamples_2005.csproj
CustomControlsSamples_2005.sln
CustomControlsSamples_2008.csproj
CustomControlsSamples_2008.sln
CustomControlsSamples_2010.csproj
CustomControlsSamples_2010.sln
CustomControlsSamples.cs
CustomControlsSamples.Designer.cs
CustomControlsSamples.resx
Program.cs

プロジェクトの概要

フォーム上にカスタムコントロールが配置されています。各カスタムコントロールの動作を確認することができます。

GcCountDownTimer

InputMan のタイムスパンコントロールを継承したカウントダウンタイマーです。

My Project/
Resources/
GcCountDownTimer_2005.sln
GcCountDownTimer_2005.vbproj
GcCountDownTimer_2008.sln
GcCountDownTimer_2008.vbproj
GcCountDownTimer_2010.sln
GcCountDownTimer_2010.vbproj
GcCountDownTimer.png
GcCountDownTimer.vb
Properties/
Resources/
GcCountDownTimer_2005.csproj
GcCountDownTimer_2005.sln
GcCountDownTimer_2008.csproj
GcCountDownTimer_2008.sln
GcCountDownTimer_2010.csproj
GcCountDownTimer_2010.sln
GcCountDownTimer.cs
GcCountDownTimer.png
Resources.Designer.cs
Resources.resx

コントロールの概要

カウントダウンタイマーコントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • 実行時に入力した値がそのまま設定値として動作します。
  • スタートボタン、一時停止ボタンを切り替えて表示しています。

GcCreditCardNumber

InputMan のマスクコントロールを継承したものとキャラクタボックスコントロールを継承したもの、2種類のクレジットカード番号入力用コントロールです。

コントロールの概要

クレジットカード番号コントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • マスクコントロールの Fields プロパティでクレジット番号の書式が設定されています。
  • CredietCardMode プロパティで、クレジット番号の桁数を選択します。
  • 各桁の入力が済むと自動的に次のフィールドにカーソルが移動します。

クレジットカード番号ボックスコントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • CredietCardMode プロパティで、クレジット番号の桁数を選択します。
  • 数値のみの入力を設定しています。桁を飛ばして入力できないように設定しています。
  • 各桁の入力が済むと自動的に次のフィールドにカーソルが移動します。

GcIPAddress

InputMan のマスクコントロールを継承したIPv4、IPv6のIPアドレス入力用のコントロールです。

コントロールの概要

IPv4アドレスコントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • マスクコントロールの 列挙型を利用してIPアドレスの入力書式が設定されています。
  • 入力候補値を設定しています。
  • 上下キーで値を増減することができ、範囲外の入力や増減はできません。
  • 各桁の入力が済むと自動的に次のフィールドにカーソルが移動します。

IPv6アドレスコントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • マスクコントロールの 列挙型を利用してIPアドレスの入力書式が設定されています。
  • IPMode プロパティで、IPv6 Only入力モードとIPv4/IPv6 Mixed入力モードを選択します。
  • 各桁の入力が済むと自動的に次のフィールドにカーソルが移動します。

GcPercent

InputMan の数値コントロールを継承したパーセント入力用のコントロールです。

コントロールの概要

パーセントコントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • PercentValue プロパティで計算された値(15%なら0.15)を取得します。
  • マイナスの値は入力できないように設定されています。
  • 数値コントロールに標準で設定されているサイドボタンを全て削除しています。

GcPhone

InputMan のマスクコントロールを継承した電話番号入力用のコントロールです。

コントロールの概要

電話番号コントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • マスクコントロールの Fields プロパティで電話番号入力用の書式が設定されています。
  • 入力された電話番号から市外局番を認識し、局番を分割するハイフンの位置を自動で調整します。
  • 製品に付属のDB Entryを使用して電話番号を検索するかどうかを設定します。

本電話番号コントロールで電話番号を入力される場合、地域によっては局番を分割するハイフンが正しい位置に調整されない場合があります。例えば次の2つの番号のように、同じ番号であっても地域毎に局番を分割する位置が異なる場合、ハイフンが正しい位置に調整されない場合がありますのでご注意ください。
022-3XX-XXXX
0223-XX-XXXX

GcPickers

InputMan のコンボコントロールを継承したカラー選択コントロール、フォント選択コントロール、日付コントロールを継承した年月選択コントロールです。

My Project/
GcColorPicker.png
GcColorPicker.vb
GcFontPicker.png
GcFontPicker.vb
GcPickers_2005.sln
GcPickers_2005.vbproj
GcPickers_2008.sln
GcPickers_2008.vbproj
GcPickers_2010.sln
GcPickers_2010.vbproj
GcYearMonthPicker.png
GcYearMonthPicker.vb
bin/
obj/
Properties/
GcColorPicker.cs
GcColorPicker.png
GcFontPicker.cs
GcFontPicker.png
GcPickers_2005.csproj
GcPickers_2005.sln
GcPickers_2008.csproj
GcPickers_2008.sln
GcPickers_2008.suo
GcPickers_2010.csproj
GcPickers_2010.sln
GcYearMonthPicker.cs
GcYearMonthPicker.png

コントロールの概要

カラー選択コントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • ColorType プロパティで、表示するカラーをシステムカラー、Webカラーから選択します。
  • SelectedColor プロパティで選択した色を取得します。コンボコントロールに標準で設定されているショートカット機能を全て削除しています。

フォント選択コントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • SelectedFontName プロパティで選択したフォント名を取得します。
  • F2キーに選択状態をクリアするショートカット機能を設定しています。

年月選択コントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • ドロップダウンカレンダーは年月に設定されています。
  • 日、時分秒は最初にValue プロパティに設定した値が設定されます。
  • 日付コントロールに標準で設定されているショートカット機能をそのまま利用しています。

GcPostal

InputMan のマスクコントロールを継承したものとキャラクタボックスコントロールを継承したもの、2種類の郵便番号入力用コントロールです。

My Project/
CZipCode.vb
GcPostal_2005.sln
GcPostal_2005.vbproj
GcPostal_2008.sln
GcPostal_2008.vbproj
GcPostal_2010.sln
GcPostal_2010.vbproj
GcPostal.png
GcPostal.vb
GcPostalBox.png
GcPostalBox.vb
Properties/
CZipCode.cs
GcPostal_2005.csproj
GcPostal_2005.sln
GcPostal_2008.csproj
GcPostal_2008.sln
GcPostal_2010.csproj
GcPostal_2010.sln
GcPostal.cs
GcPostal.png
GcPostalBox.cs
GcPostalBox.png

コントロールの概要

郵便番号コントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • マスクコントロールの Fields プロパティで郵便番号入力用の書式が設定されています。
  • 製品に付属のDB Entryを使用して、郵便番号から住所を検索しています。
  • 各桁の入力が済むと自動的に次のフィールドにカーソルが移動します。

郵便番号ボックスコントロールは、以下の機能を搭載しています。

  • 数値のみの入力を設定しています。番号を飛ばして入力できないように設定しています。
  • 各桁の入力が済むと自動的に次のフィールドにカーソルが移動します。

GcValidateItem

InputMan の検証アイテムを継承したE-mailアドレス検証アイテム、URL検証アイテムです。

My Project/
GcEmailAddressValidateItem.vb
GcURLValidateItem.vb
GcValidateItem_2005.sln
GcValidateItem_2005.vbproj
GcValidateItem_2008.sln
GcValidateItem_2008.vbproj
GcValidateItem_2010.sln
GcValidateItem_2010.vbproj
Properties/
GcEmailAddressValidateItem.cs
GcURLValidateItem.cs
GcValidateItem_2005.csproj
GcValidateItem_2005.sln
GcValidateItem_2008.csproj
GcValidateItem_2008.sln
GcValidateItem_2010.csproj
GcValidateItem_2010.sln

検証アイテムの概要

E-mailアドレス検証アイテムは、以下の機能を搭載しています。

  • 独自に検証アイテムを作成し、Regexクラスを用いて検証を行っています。

URL検証アイテムは、以下の機能を搭載しています。

  • 検証アイテムの正規表現を用いて検証を行っています。

カスタムコントロールの登録

作成したコントロールを使用するには、Visual Studio にコンポーネントを組み込む必要があります。

コントロールをツールボックスに追加する
以下に、Visual Studio のツールボックスにコンポーネントを追加する手順を示します。

  1. [ツール]メニューから[ツールボックスのアイテムの選択]を選択します。
  2. 〈参照〉ボタンをクリックし、[開く]ダイアログボックスを表示します。
  3. 以下のアセンブリを選択し〈開く〉ボタンをクリックします。

    GrapeCity.Win.Editors.GcCountDownTimer.v60.dll (カウントダウンタイマーコントロール)
    GrapeCity.Win.Editors.GcCreditCardNumber.v60.dll (クレジットカード番号コントロール、クレジットカード番号ボックスコントロール)
    GrapeCity.Win.Editors.GcIPAddress.v60.dll (IPv4アドレスコントロール、IPv6アドレスコントロール)
    GrapeCity.Win.Editors.GcPercent.v60.dll (パーセントコントロール)
    GrapeCity.Win.Editors.GcPhone.v60.dll (電話番号コントロール)
    GrapeCity.Win.Editors.GcPickers.v60.dll (カラー選択コントロール、フォント選択コントロール、年月選択コントロール)
    GrapeCity.Win.Editors.GcPostal.v60.dll (郵便番号コントロール、郵便番号ボックスコントロール)
  4. [ツールボックスのカスタマイズ]ダイアログに各コントロールが追加されます。先頭のチェックボックスがチェックされていることを確認して〈OK〉ボタンをクリックします。
  5. ツールボックスに各コントロールのアイコンが表示されます。

ツールボックスに追加するコンポーネントのアセンブリは、直接参照しなくともグローバルアセンブリキャッシュに登録することで、コンポーネントの一覧に表示できます。

フォームにコンポーネントを配置する
以下に、コンポーネントをフォームに配置する方法を示します。これにより、コンポーネントがプロジェクトに組み込まれます。

  1. ツールボックスから指定したコントロールのアイコンを選択してフォームに配置します。
  2. ソリューションエクスプローラーの参照設定に指定したコントロールの名前空間と InputMan のコンポーネントが追加されます。

カスタム検証アイテムの使い方
カスタム検証アイテムは、下記のような手順で利用します。

  1. [プロジェクト]メニューから[参照の追加]を選択します。
  2. 〈参照〉タブをクリックし、以下のアセンブリを選択して〈OK〉ボタンをクリックします。

    GrapeCity.Win.Editors.GcValidateItem.v60.dll (E-mailアドレス検証アイテム、URL検証アイテム)
  3. ツールボックスから汎用検証コンポーネントをフォームに配置します。各コントロールの検証アイテムの設定に、E-mailアドレス検証アイテム、URL検証アイテムが追加されます。

参照

InputMan for Windows Forms 6.0J カスタムコントロール集


©1993-2009 GrapeCity inc. All rights reserved.

コメント